実在する不動産を売買するゲーム「Landlord2」が面白い

位置情報ゲーム愛好家の皆さん、不動産投資家の皆さん、ごきげんよう。

今日は僕が約2年間密かに熱中していたとあるゲームを紹介します。その名も「Landlord2

本文で詳しく紹介していきます。

 

 

位置情報ゲーム

 

「位置情報ゲーム」と聞くと連想するのは駅メモ やPokemonGoにIngressなど。

マニアックなものだとバトルマイレージあたりですかね。

 

今回紹介する位置ゲーはこれまでのような位置情報要素に加え、不動産売買の要素のあるゲームです。

 

Landlord2

 

端的に言うとモノポリー街コロのように不動産の売買を行い不動王を目指しましょう!

といった感じ。

 

どこに位置情報ゲーム要素があるのかというと、現在地周辺の不動産しか購入できないという点。

Foursquare(Swarm)のAPIを利用しているようで、かなり精度は高いです。

ゲームの趣旨として、不動産収入を得ていくわけですが、Swarmのチェックイン数などを利用して収入が上下し現実の不動産投資に近い感覚が味わえます。

 

解説サイト

 

Landlord2に関してはかなり詳しい方だと思うので、プレイについての解説サイトを作りました。

もし興味があればコチラからどうぞ。

 

おわりに

 

私は年内に資産5兆ドルを目指していこうかな、と思っています。

 

Landlord2 攻略&解説

Landlord公式HP

Landlord公式Twitter

You may also like