公務員

【注意点あり】公務員にブログをおすすめする理由

公務員にブログをおすすめする理由
Fさん

公務員だからブログをやったらダメじゃない?

ブログは副業になるんじゃないの?

このような悩みを元公務員が実体験を元に解決します。

記事の内容

  • 公務員はブログ運営をしてもいいのか
  • ブログ運営すべき理由
  • 公務員がブログ運営する際の注意点
  • ブログの始め方の概要

公務員がブログを運営していいのか

結論から言うと、ブログ運営しても全く問題ありません。

理由は、必ずしもブログが収入を得るためのものではないから。です。

ブログをやったことがない人からすると、なんか稼げるんでしょ?みたいなイメージではないでしょうか?

ですが、ブログ=稼ぐ ということではありません。

主にブログで収入を得る方法は、広告収入を得る方法や、商品を紹介してアフィリエイト報酬を得る方法があります。

ただただ記事を書き続けてもなんの収入も発生しません。公開された日記と同じです。

だから、公務員がブログ運営をしても問題もないと言えるのです。

公務員こそブログを開設すべき理由

公務員こそブログを開設すべき理由
公務員こそブログを開設するべき理由

先に言いましたように、公務員でもブログ運営をしても全く問題はありません。

日記を公開してなんの意味があるんですか?恥ずかしいだけじゃないですか?

Fさん
ささけん

確かに、ただの日記なら恥ずかしいだけです。でも好きな人でもない限り、わざわざ見ないですよね。他にたくさんのメリットがありますよ!

自分の趣味が本になることも

ブログが話題になったり、有名になったりすると、本にしませんかというお誘いが来ることも。

実際にたくさんの方が出版しています。

本の執筆は公務員にも認められていますので、相性がとても良いんです。

だから、公務員こそブログを始めるべきなんです。

もし転職や、副業が解禁された時はすぐに収益化できる

ブログはすぐに結果が出るものではありません。

完全未経験からなら、戦略的に進めていっても半年から1年で収益化できたら御の字と言っても良いと思います。

公務員のうちにサイトを作っていって、もし転職したくなったり、万が一ですが副業が解禁された時には一気に収益化まで持って行けます。

ブログを開設したとしても、ほとんど見られない日々が続きますが、ブログ自体を育てていくことはかなり意味のあることです。

ぜひ、将来のためにブログを育てていきましょう。

公務員がブログを運営していく上での注意点

公務員がブログを運営していく上での注意点
ブログ運営の注意点

副業が法律で禁止されていることもあり、何かと制約が多いのは事実。

以下をご覧ください。

アフィリエイトは禁止

何度も言いますが、副業は法律で禁止されています。

なので、アフィリエイトはできません。

アフィリエイトとは、誰かの商品を紹介して、紹介料をいただくというブログの収益方法の一つです。

アフィリエイトをしない形で読者にいい情報を届けましょう。

守秘義務を遵守すること

職務上知り得た情報を漏らしてはいけません。

特にブログは、世界の人が見ることができます。初めは読者がいないので、いいやと思っていても育ってきた時に困ってしまう可能性もあります。

そもそも法律に違反しますので、絶対に避けましょう。

ジャンルは公務員関係を避けたほうが無難

先程の守秘義務を守るためにも、自分の仕事関係はブログのジャンルとして避けるべきです。

また、同僚に見られてしまう可能性も高めますので、避けるべきです。

同僚に見られると、変な噂を立てられかねません。

だから、自分の仕事関係は極力避け、趣味や好きなことのブログを楽しみながら書いていきましょう。

ブログの始め方(超初心者向けに概要を説明)

ブログの始め方概要

  • レンタルサーバーを借りる
  • 独自ドメインを取得する
  • レンタルサーバーにWordPressをインストールする
  • 好みで有料テーマをインストールする
  • 記事を書く

レンタルサーバーを借りる時に、無料で1ドメインもらえることが多いです。

有名ブロガーも使っている、信用度も高い国内のおすすめレンタルサーバーはConoHa Wing、エックサーバー、この辺りです。

初めConoha Wingを使って、現在エックスサーバーを使っていますが、個人的には初心者でも分かりやすいのはConoha Wingかなと思っています。

機会があったら引っ越してもいいかなと思っているぐらいです。

詳しいブログの開設方法は、別記事で解説します。

公務員も自分のメディアを持つ時代

公務員も一人一人が個人メディアを持つ時代がきているなと感じています。

個人の時代がきているからです。

公務員であってもいつまで、リストラすることなく、年功序列でやっていけるのか不安だということも理由の一つです。

世界的大企業TOYOTAの豊田社長ですら、終身雇用制度を守っていくのは難しいと発言しています。

これから自治体自体が減っていく中で公務員も例外ではない、のではないでしょうか。

さらに個人で生きていくしかない時代が来る気がします。将来に備えましょう。

今回は以上です。

  • この記事を書いた人

ササケン

元公務員|Webコーダー|shopify構築|Webマーケティング|好きなもの:コーヒーとカレー|趣味:読書、ランニング、筋トレ|妻と子供と暮らしています。

-公務員