公務員

【元公務員が解説】公務員の将来性はあるが、注意が必要な理由。

2022年4月23日

公務員の将来性

公務員辞めたいかも。これから公務員目指しても大丈夫かな。

このように悩んでいませんか?

私は元地方公務員で、結果的には転職しました。

ですが、公務員も良い仕事なので悩むのは分かります。

この記事では、公務員の将来性、特徴について解説していますので、悩んでいる方のヒントになると思います。

早速ですが、以下をご覧ください。

公務員に将来性はあるか

お先真っ暗です。

とまでは言えません。

公務員の将来性は、自分がどんな人生にしたいのかによって変わるからです。

実際、目指す人生によって公務員が合う人と合わない人がいます。

判断に使える公務員の現状をあげていきますので

以下をご覧ください。

人口減少で財政が悪化する

日本の人口減少は悲惨です。

出典:日本創生会議

人口が減少すると言うことは、税収が減るということです。

単純な話ではありませんが、公務員の給与を払っていかなくてはいけませんので公務員の数を減らす事が考えられます。

ですが、現在の法律では簡単にはクビにすることはできません。

じゃあどうするのかというと、採用をしなくなる可能性が高くなります。

結果的に、下っ端の職員は下っ端のまま。上司は、再任用で居座るという状況が容易に予想できますね。

出世できなくてもいいと考える人には合っています。

仕事量は増える

先程の内容と被るところはありますが、職員数が減りますので、個人に回ってくる仕事の量も増えることが考えられます。

地方の小さい市町村でも、今の段階で毎日残業している職員もいる状況です。

仕事量は増えても、与えられた仕事をこなしていけば良い。それでも良い人に向いています。

給与水準、退職金の減少

実際に公務員の給与や退職金は減り続けています。

2006年に公務員の退職金の平均は約2800万円だったのに対して、2018年には約2200万円にまで減少しています。

今後も減少傾向は変わらない事が予想されます。

減少していてもそこまで気にせず、貰えればそれで良いと考える人は良いでしょう。

それでもリストラはない

法律を作っているのは公務員。

一方的に解雇できるような法律に変えるようなことは考えられません。

確実に一生の仕事にしたい。と考える方には公務員はぴったりです。

公務員の将来性はその人次第な理由

目指す未来は何か

公務員にも、良い面と悪い面があります。

良い面が当てはまるなら、将来性はあると言えますし、悪い面が当てはまるなら将来性はないと言えます。

また、民間企業と絶対的に違う点は、公共のための仕事=国の仕事ということです。

大企業でもリストラはないとは言えませんが、公務員はほぼ100%無いと言えます。

絶対に仕事が無くならないようにしたいと考える、慎重な方は公務員をおすすめします。

将来性の判断に使えそうなものは、以下の通りです。

”どんな仕事でもいい”なら将来性あり

公務員の仕事は多岐にわたります。

窓口業務、土木、水道、税務、総務、防災、教育など、異動も多くて、一つの仕事だけ覚えれば良いというものではありません。

仕事に対して、こういう事がしたい!というこだわりがない方は適性が合って、将来性があると言えます。

”リストラされなければ良い”なら将来性あり

基本的にこれからもずっと、リストラは無いと思います。

法律を作っているのも公務員だからです。

一生続けられる仕事ならそれで良い。という方には将来性があると言えます。

ですが、地方自治体自体が経済破綻してしまうというのは、可能性としてあり得る話ではあるので注意してください。

”社会的信用が欲しい”なら将来性あり

結局のところ、リストラがないという観点から収入は安定していますので、社会的信用度は高いです。

銀行で融資を受ける際にも、有利に働きます。

若くして自分の家を建てて暮らしたいなど考える方には将来性があると言えます。

”働いた分の評価と報酬が欲しい”なら将来性なし

人事評価もあってないようなもの。

利益を求めるわけではないですし、数字で評価することもできません。

ですので、大体は普通の評価となってしまうのです。

働いて結果を出した分、評価してもらってその分の報酬が欲しいなら公務員は向いていないと言えます。

【注意】20代30代はスキルを身につけておくべき理由

将来に備えよ

公務員は安定しているし、リストラも無い。毎日出勤していればそれで良い。

そう考えていませんか?

脅しでもなんでもなく、本当にそうも言ってられないかもしれません。

決められた仕事をこなしつつ、スキルアップしていつでも辞められる状況を作るべきです。

以下をご覧ください。

転職できる、稼げるスキルを磨いておくべき

民間企業で使えるようなスキルは得づらいのが公務員です。

過去に経済破綻した北海道夕張市では、55人いた管理職のうち部長級は全員辞めて、課長級でも3人を残して退職することに。

そして、重要なのはここからです。

残った職員も年収を基準にして4割のカットが行われました。

その年だけじゃないです。ずっと4割カットです。

今まで500万円の年収だったのに、300万円になりますと言われて納得できますか?家のローンを払っていけますか?

人口が減るということは、税収が減っていくということで、あなたの自治体でも起こりうることなのです。

そんな時にスキルのない公務員は、自治体にしがみつくことしか出来ずに4割カットと言われてもYESと言うしかないのはキツすぎます。

だから、スキルを身につけておくべきなのです。

おすすめの資格

  • 電気工事士
  • 宅地建物取引士
  • TOEIC

ただし、これらは取得までの勉強時間が長いことが特徴です。

来年にはもう辞めたいと思っている方には向かないと言えます。

おすすめはスキルを持つこと

  • プログラミング
  • Webライティング
  • Webマーケティング

これらは、独学もできますが、こちらは時間よりも挫折率が高いことが特徴です。

半年〜1年あればスキルを手に入れられますが、独学で学びたいという方には向かないかもしれません。

ですが、これらIT系の資格は、これからも需要があり公務員にも引けを取らない安定性があります。

IT人材不足のイメージ
出典:経済産業省

公務員の将来性はその人次第。自分は人生で何がしたいのか考えよう

公務員の将来性についてついて解説してきましたが、実は比較が難しいところがあり将来性はその人次第ということになります。

公務員の仕事も、自治体を支える良い仕事です。

ですが、評価されにくいことや、仕事内容が単調で工夫のしようながない、前例踏襲で自分のアイデアを活かせないなど、仕事内容に納得できない人もいるでしょう。

逆に、決められたことをやっていれば、そこそこの給与が確実に貰えて、ボーナスや退職金も減っていくかもしれないけど期待できるので、公務員があっている人もいるでしょう。

公務員は中途採用にも力を入れているので、30歳を過ぎていても転職できます。これから、倍率が高まっていくことも考えられますが、また戻ってこれます。

公務員辞めたいかも。と悩んでいる人は民間を経験してやっぱり公務員と思ったら戻って来れば良いのです。

今回は以上です。

  • この記事を書いた人

ササケン

元公務員|Webコーダー|shopify構築|Webマーケティング|好きなもの:コーヒーとカレー|趣味:読書、ランニング、筋トレ|妻と子供と暮らしています。

-公務員