公務員の転職

【後悔するよ】消防士が退職を決めたらやるべきこと3つ

消防官を辞めると決めたらやっておくと良いこと

お疲れ様です。元公務員(消防官)のササケンです。

ささけん

消防士辞めることを決めました。
どんな準備をしていけば、後悔なく転職できるんだろう。

このように悩んでいませんか?

私は消防官として10年間勤務してきて、1年目に干されたこともありましたがほとんどは安定した消防人生でした。ですが結局は10年間勤務して退職。その時の経験や現在の状況等を踏まえて、アドバイスさせていただきます。

1分程度で読めますので、ササッと目を通しちゃってください。

この記事のテーマ

消防官を辞めると決めたら、最低でもやっておくべきこと

について解説していきたいと思います。

早速結論ですが以下の通りです。

結論

  1. 生活費を見直す
  2. 小さく投資を始める
  3. 小さく副業に挑戦する

人それぞれ辞めたい理由は違うと思います。私はかなりゆっくりと転職活動を進めていたので色々とやっているわけですが、これ全部やっておいて良かったーと感じています。

2番までは1度やってしまえば後は自動なので、ぜひ今すぐ行動して欲しいなと思います。

詳しく解説していきます。

消防士を辞めると決めたらやっておくと良いもの

色々と理由はあると思いますが、辞めたいと考えてもほとんどは行動できません。人間関係や部署にもよって、毎日残業やパワハラに耐えかねている方もいると思います。また、サービス残業が常態化しているというところも。

そんな方に伝えたい。

消防官のうちに以下のことをコツコツ準備してほしい。

生活費を見直す

生活費を見直す

年齢にもよりますが、消防官から転職すると年収が下がってしまうことも多いです。

消防官のうちに生活費を下げることを考えていきましょう。私も生活費を見直して、月4万円程度、年間にすると50万円近く生活費を下げてから転職しました。

固定費

主にチェックするべきものはこちら

  • 住居費(引越し先の予定家賃でOK)
  • 生命保険
  • 通信費
住居費

人生で一番お金がかかるもの。それが住居費です。

月2千円でも安くなれば、年間2万4千円。30年住めば、72万円です。

公務員

30年で72万円ぐらいならそんなケチケチしたくないよ。

そう思われるかもしれません。

公務員ならまだ、退職金ももらえることにはなっていますし、給与も安定してもらえることになっているので良いかもしれませんが、転職してしまっては、公務員より福利厚生の良い職場はありません。

まずは生活費を下げるために居住費を見直す。ここは覚悟してもらって、新天地で生活が安定してきたら引っ越すことも考えるという流れが良いかと思います。ここはシビアに判断していきましょう。

生命保険

今月額いくらの生命保険に加入していますか?

1万円を超えていたら黄色信号。2万円を超えていたら赤信号です。子供がいる、持ち家があるなど色々条件は違うと思いますが、基本的に生命保険は最低でも1万円以内には抑えるのが良いかと思います。

なぜかというと、日本の社会保険が非常に優秀だからです。

例えば、基本医療費は3割しか払わなくても良いですし、足の骨を折ったりして入院手術となった場合や、がん治療などで大きな医療費がいくらかかろうと、月額10万円程度払えばOKです。

高額医療費制度というものがあって、いくら医療費が掛かっても収入に応じた金額で定められた分、支払えば良いですよという制度です。機会がありましたら記事にしてみます。

注意なのは、その10万円20万円が簡単には払えないよ。という方です。その場合は安い医療保険に加入しておくのは良いと思います。あくまで20万円程度なら余裕資金があるので、毎月1万円も2万円も医療費を支払うよりは、怪我をする確率から考えても自分の貯蓄で支払ったほうが断然安いよね。ということです。

ちなみに私は月額4,500円程度を保険に支払っています。2000円ちょっとの定期保険と2000円ちょっとの終身医療保険です。ちょっとマニアックな話ですけど、なんで終身かというと①今払うお金が安いから②ガンなどの4大疾病になったらその後医療費免除の特約をつけているから。の2つが理由です。ちなみにどの保険か気になる方は、twitterでDMしてください。子供がいる方にもオススメできる、こだわり抜いて選んだ保険をお教えします。

通信費

高いスマホプランに入っていませんか?

3大キャリアで契約していて、月8千円とか支払っていたら赤信号。

格安SIMを使ってください。もし、賃貸で暮らしていてWi-Fi環境が作りにくいという方は、工事不要のWi-Fiだったり、ポケットWi-Fiがおすすめです。私は外で使いことも多いので、ポケットWi-Fi使ってます。

変動費

固定費よりは重要度が下がりますが、長期で見たら大きな違いになりますので、ここも頑張っていきましょう

次にチェックするべきはこちら

  • 電気業者
  • サブスクの整理
  • 毎日のコーヒー代

この辺から節約っぽい感じになってきます。ただ本当に、塵も積もれば山となると言ったもので、こういうところから無駄を見つけて、余ったお金を他に回していくというのが大切になります。

生活費が下がれば、年収が下がっても焦ることも少なくなると思いますし、安心して転職活動にあたることができるんです。

小さく投資を始める

小さく投資を始める
小さく投資を始める

先ほど節約して捻出したお金の一部を投資に回していきます。

おすすめは積立NISAになります。それぞれについては需要があるようでしたら記事にしますが、ググると簡単にプロが説明してくれていますのでそちらを参考にしても良いかもしれません。

先ほどの毎日のコーヒー代を例に挙げると、毎朝スタバでカフェラテを買っているとしましょう。
shortが415円です。

415円✖️1ヶ月=12,450円として、これを毎月30年間積み立てたとしましょう。

比較的リスクが少なめと言われる全世界株などのインデックス投資の平均利回りは約5%。この条件で計算してみると、投資元本は約448万で運用益が約588万円で、将来の運用金額が約1036万円になるという試算ができます。

毎月5%増えるわけではありませんし、もちろん元本割れリスクもあります。ですが、長期投資ではそのリスクもかなり小さいものになります。もう少し金額を増やしたらどうなるでしょうか?老後2000万円問題もかなり心配が少なくなるような気がしませんか?転職の安心材料にもなると思うので、ぜひ積極的に積み立てNISAなどの制度を利用していくことをお勧めします。

あわせて読みたい記事

小さく副業に挑戦する

小さく副業を始める
小さく副業を始める

最後に小さく副業に挑戦しました。公務員は副業が法律で禁止されているので、基本的にはできません。

ですが、利益を出さなくとも副業っぽいことには挑戦できます。そのような行動を通して、ビジネス的視点を少しずつ鍛えていくのがおすすめです。

以下に私が挑戦したものを挙げます。

  • 不用品の売却
  • クラウドソーシングのコンペに応募(ライティングやキャッチコピー)
  • ブログ
  • Web制作
  • Webマーケティング(友人のブログのSEOなど)
  • 株式投資
  • YouTube

こんな感じです。

私の場合3年ぐらいにわたってこれらをやってきたという感じになります。Web制作は学習に比較的時間がかかります。YouTubeも自分で編集しようとすると時間も労力もかかります。

ですので、一気にやろうとせずに3ヶ月これやってみよう、半年はこれやってみよう、みたいな感じで、これならやっていけそうだなと思えるものを探すのが良いかと思います。

あなたにおすすめの記事

まとめ:消防士を辞めると決めたらお金周りの整理をしよう

お金周りを整理したり、スキルアップすると本業では得られないビジネススキルが、気づかないうちに身についていきます。これは本当で、スキルやお金に対する考え方などが変わってくると同僚と話が合わなくなってきます。

無理に節約生活を送るのではなく、無駄を無くしていくイメージです。生活費が下がると、転職に対する恐怖心もかなり小さいものになります。もっとビジネススキルを高めたい、自分の力で生きていきたい。そういう感情が生まれてくるかもしれません。

副業っぽいことをしていて、もし、やっぱり消防士として働いた方が良いかもと思ったのなら、その方がいいと思います。

そういう判断をするにも良い行動になるのでぜひ取り組んでみてください。

本日は以上です。

  • この記事を書いた人

ササケン

公務員の転職についてブログにしています。twitterのDMにて質問なども受け付けています!【経歴】2010年イギリスウェールズにホームステイ▶︎夢はあったが家庭の事情により公務員に▶︎公務員10年で転職▶︎2度目の転職活動中|妻と娘とコーヒーが好きな心優しき元消防官です!将来の夢はヤングケアラーを支援すること

-公務員の転職
-,